野口曜の< 猫のいる生活 >

【攻殻機動隊】

皆さんは【攻殻機動隊】というアニメをご存知でしょうか。
私の黄金週間はこの【攻殻機動隊】に拘束され、ケーブルネットワークの中から抜け出せずに終わりました。

このアニメは、映画【マトリックス】の元になったものだそうです。
観ていない方はDVDが出ております、根気がいる量ですが是非観て頂きたい作品です。
内容は観れば観る程深いもので、急速に普及していくネット社会の未来と人間の電脳化、そしてその環境下で自己の存在意義を見失い模索する人々の姿が描かれています。

仮に人間の脳が電脳(チップ)だったら。
短時間での情報収集や膨大な情報の管理が可能になる反面、その代償とはいかなるものか。
子供の頃から今までの記憶が、他人の手によって作られすりかえられるかもしれないという恐怖。自分がどこの誰なのか、実は最初から存在しなかったのではないかという不安。そして情報過多により、自分にとって大切な・知るべき情報の入手を困難にする悪循環、絶えずつきまとう情報操作と情報の正確性への疑問。

電脳、便利です。いや、便利“だとは”思います。
受験やクイズ番組?などなど、悪用出来る場面は今思い当たるだけで(直接金銭に結びつく場合も)結構あります。私の様な事を考える不届き千万な輩は、そして上には上が、他にも大勢いる事でしょう。未だ体験した事の無い怖ろしさがそこにはありました。

以前看護学校を受験する際、受験対策として『脳死を死と認めるか否か』という題材で小論文を書いた事があります。
私は脳死を死と認める派です。
物理的な面で言えば、脳が指令を出し動いているのは手や足だけではないというのがその理由です。意識こそしてはいないけれど、体の中にある様々な臓器もこの手や足同様脳の指令により動いています。
その脳(体の司令塔)が死んでしまったらどうなるでしょう。手足を動かせなくなる所か、体内の臓器は時間をかけ衰弱していきます。勿論、呼吸する事も脳の指令によるものです。臓器が正常に機能しなくなり、最終的に体を生かす為の手段として人工呼吸器が必要になります。
ここまでくれば、見た目は人間の形をしていても機械と一緒です。(あくまで私的な意見です。)
精神的な面でも同じ事が言えると思います。脳が死んでしまっている状態は、もはや抜け殻でしかありません。その人の歴史も記憶も、仮にその体内に残っていたとしても個人の実体を確認する事は出来ません。その人が、その精神を表現する人間がいなければ。

例えるなら、体はPCのモニター・脳はCPUとハードディスク・獲得する知識はアプリケーションといったところでしょうか。では、表現者は。体でもなく脳でもない“個人(精神)”の存在。
【攻殻機動隊】の中で、この個人を識別する存在は“ゴースト”と呼ばれています。
電脳化され人口知能やロボットが出て来ても、人間が確認したい存在、関わり合いたい存在は精神であり“個”なのです。抜け殻は、所詮抜け殻でしかありません。

話変わって、世界中に猫は沢山います。
私の可愛いジョジョに似ている模様の猫も、もしかしたらそっくりの兄弟猫が葛飾区辺りをウロウロしているかもしれません。でもジョジョは、後にも先にもこの世に1匹しか存在しません。(当たり前ですが)
抜け殻?は沢山いても、中身はたった1つ。それは人間も動物も同じです。
b0075186_1541072.jpg
唯一の“個”の存在を(自分でも他人でも動物でも)大事にしていきたいと思います。

もし私の体の中に、私ではない他の“個”が入ったら、ジョジョは気付いてくれるだろうか・・・。
[PR]
by jojo-joyjoy | 2006-05-06 03:47
<< 私とネイルサロン。 今日の東京駅。そして都心。 >>



野口曜 の 日常
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
~ 野口曜のお薦め HP ~
以前の記事
2017年 12月
2016年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧